IT系のアルバイトで採用したくない人

IT系のアルバイトの人の中にも、いろいろはタイプがあります。

プロのエンジニアレベルの知識を持っている人や自分で学生時代から、仕事をしている人まで様々です。

この手のアルバイトは、ITスキルが高い人ばかりなので、仕事を1から教えるケースはほとんどありません。

仕事の事前説明でも、大半の人は理解土が高く、楽なのです。

しかし、その中でも野人間性の面で敬遠したくなるタイプも少なからずいるのです。

それは常に文句や愚痴をこぼしながら、働く人。

ITリテラシーの高いことは認めるのですが、やたら、自分だけの理論を振りかざし、周りとの協調性がないために、全体の仕事が遅くなってしまうのです。

一言で言うと素直な心や姿勢を持っていないと言えるかもしれません。

このような人は、人の話もろくに聞かずに勝手な判断で仕事を進めようとするので、間違った方向性になってしまい、結局は出戻り作業が発生してしまうのです。

この手のタイプのアルバイト生はできるだけ採用したくないと思います。

IT系のアルバイトで欲しい人材とはどんなタイプ

IT系の仕事でもアルバイトの人を雇うことが少なくありません。

そのような時に欲しい人材とは、やはりIT系のリテラシーを持っている人です。

学生の人でもいいのですが、IT関連の知識がある人であれば、仕事を頼む時の理解が早く飲み込み模短時間なのです。

そのようなことから、こちらのアルバイトの人に説明する事前準備も簡単ですし、説明する時間も短く、すぐに仕事に取り掛かることができますので、アウトプットもとても速いのです。

こうなると、締め切り期日にもゆとりが出てきて、トータル的な仕事の管理が楽なのです。

中には、こちらの仕事のルールや進め方の改善を提言してくれる人もいるので、より速い仕事の完成が実現できます。

頭が柔軟な学生の人は、私達が、ハッとするような指摘ももらえるので、とても貴重な人材と言えます。

中には、そのまま就職して、正社員になる人もいますが、そうなると即戦力として働いてもらえることから、とてもありがたいのです。

グループでプログラミングを効率よくするための心構え

私はフリーでプログラマーをしているのですが、時給の高いアルバイトを求人で見つけて実際に短期間アルバイトをしてみました。プログラミング言語のいくつかを私は使うスキルがあります。アルバイト先ではphpとhtmlを使ってウェブアプリを作りました。phpにはフレームワークがいろいろあるのですが、今回はフレームワークを使わずに作業しました。データベースにあるデータを表示するアプリを作ることになったのですがデータベースは私の得意なmysqlを使ったので早く作業ができてよかったです。初めて会う人達と作業をすることに不安があったのですが、他の人に迷惑をかけないようにしっかりと自分に任せられた業務を着実にこなすことに集中することにしました。アルバイトをしていていい勉強になったことがいくつかあります。やはりグループで作業をするときはきちんと周りの作業にも気を配ることが大切だと感じました。例えば自分や誰かがミスをしたときにすぐに指摘するとあとでミスを見つける手間が省けるので効率がいいです。

IT業界は時給アルバイトの方が魅力か

「IT業界は正社員で入るよりもアルバイトで入る方がいいんじゃないか?」と思っていますね。なぜなら、正社員ともなると固定給なわけですけれど、IT業界へアルバイトで入るのならば時給ですから。ですから会社に出勤したら会社にいた分だけアルバイト代をもらえるわけです。ここがおいしいところだと思います。

ですからここだけの話、「あー、早く帰りたい!」という意識があまり発生しないのですよね。トラブルが起きてしまっても、その対応で「悪いね、もうちょこっと残って」と言われても社員さんのように「うげー」とはならずに、「おし、その分また稼げるぞ!」という意識になりますから。

まあもっとも、時給で働いている場合はーという前提条件がつきますけれど。IT業界でのアルバイトでも日給で働く人もいますので、あくまで「時給で働いていたら」という前提条件なわけですから。

IT業界でのアルバイトは、時々トイレへ行く時間も惜しいぐらいにむっちゃくちゃ忙しくなる時もありますけど、テスター要因として入ったりすることもあったりで、アルバイトならばなかなかおいしい思いをすることもあるのではないでしょうか。いや、正社員さんは賞与があるのは羨ましいですが。

学生時代のIT会社でのアルバイト

学生時代にIT会社でアルバイトをしたことがあります。

ソフト開発の会社でしたが、実際はプログラムをあまり触らせてもらえずに、雑務的なことばかりでした。しかし、パソコンの使い方はとことん覚えたいと思ったので、やりがいはありました。

主な作業は出来上がったばかりのシステムのテストでした。これは、テスト仕様書が用意されていたので、記載されている通りにシステムを動かすだけなのでアルバイトでも出来ます。これは退屈な作業だと思われがちですが、実際にやっていると当時の私はキーボードの操作もろくに知らなかったので、凄く勉強にはなりました。なによりも基本的なシステムの仕組みを覚えることが出来たので、卒業後にソフト会社に勤めることになった時に役に立ちました。あとは、設計書の修正が多かったです。WORDやEXCELでの作業でしたが、これも基本的な使い方を知らなかったので、教わりながらやりました。この時に覚えたことは大学のレポート作成にも役に立ちました。

新卒で入社する前にアルバイトで2か月勤務しました

新卒で内定した会社にアルバイトという形式で2か月ほど勤務していました。その時は、プログラム経験がなく本で勉強した程度でした。なので、初めはテストを担当させて頂きました。テストといっても、テストパターンを自分で考慮してテスト仕様成績書を作成して、ケース漏れなく実施する方法を学ぶ必要がありました。先輩上司にテストケースの洗い出し方法を学びました。単純にテストをすればいいだけでなく、テストケースを作成する時も数学的な思考を用いる必要があることを知りました。その為には、学校時代に習った確率や統計分野を再度学習して、今後に活かすことにしました。

また、システムの中でも一番簡単なプログラムを組ませて頂きました。プログラムについては自学習で勉強したので、問題なくこなすことができました。私が担当した言語はVBだったので、比較的初心者でも分かり安い言語でした。

やはり、この2か月で学んだことはテストの重要さでした。

使う人から観点で考えると、やはり一番は品質の重要さを感じました。

頻繁に確認をしてグループで作業をすることが大切

自分の持っているプログラミングスキルを活かしたアルバイトをすることにしました。ネットのアルバイト募集サイトで探したのですが、条件のいいアルバイトを見つけることが出来て良かったです。バイト先で作ったのはJAVAを使ったデスクトップアプリです。任されたのはネットのオークションで使うせどり用のアプリで、ブラウザを動かして自動で出品をするためのものでした。私は普段ネットのオークションをよく利用していてせどりの知識もあったので迷うことなくスムーズにアプリを作ることができました。顧客に渡すものなので不具合がどこかにないか何度もチェックを繰り返しました。仕事でプログラミングの作業をするときには頻繁に確認をしっかりして作ることが大切だと思いました。もし確認しないでアプリを制作してしまうと、作ったあとで大幅に修正をしなくてはならないリスクがあります。また、作業中にわからないことは一人で時間をかけて悩むよりも仲間にすぐに聞くことが効率よく仕事をするポイントだと感じました。

 

IT業界でのアルバイトが有意義

IT業界でのアルバイトが有意義な点についてご紹介しましょう。

そもそも、今の時代、パソコンなしに働ける場所なんて皆無と言えるでしょう。
例え、町の八百屋さんであっても、経理や売り上げの計算に関しては、パソコンで集計した方が、すぐに赤字なりがわかりますから、そうしている場所が多いです。

そういったことも負k馬手、IT業界でのアルバイトをすることは、今後、時代を生き抜くために、必要な仕事であり、あなたにとってためになる仕事だといえるでしょう。

しかも、アルバイトですから、働いてはいるのですが、仕事を学ぶというのが最重要条件となっていますから、仕事を学びながらも稼ぐことができ、知識をつけることができます。
わからないことがあれば、すぐに知っている人に聞けるような状況にあり、責任感も少ないということから、IT業界でのアルバイトは、今後のあなたの就職に関しても、未来にとっても、有意義な仕事であるといえるでしょう。

 

急遽コーダーのバイトに入った

IT業界でアルバイトしていたことがあります。なんでも、数名いたエンジニアだかプログラマーだかコーダーだかが逃げてしまった(出社しなくなってしまった)ということで、それで急遽、知り合いの知り合いの知り合いの「多少、ITのことがわかる人」こと私が呼ばれることとなったのです。

しかし私も専門的にインターネット関連の仕事をやっていたわけではありませんから、IT関連の会社に急遽アルバイトに入りましたが、主に雑用を行なっていましたね。html言語は多少ならばわかりますし、ホームページの組み立てはできますので、主にコーダーの仕事をしていました。

webデザイナーがデザインした画像をhtml形式で表示できるように、切り貼りして組み立てていく作業を担当していたのです。3人ほど急にいなくなってしまった社内ではそれでも助かったようで、今でも感謝されています。

ただチーフのような存在の人はものすごく大変そうでしたけれどね。ですからIT関連の会社はバイトで入るぐらいでいいと思ってしまいました。私も社員となりますと、「お客様」ではなくなりますので、扱いも変わってくるのだと思いましたので。

IT業界のアルバイトは刺激的

大学在学中にIT業界のアルバイトをするようになり、オンラインショッピングで使用するウェブサイトの作成補助を行っていました。ウェブサイトの作成にはHTMLを使用するので、ウェブサイト作成時には、ソースを見ながら HTMLで作り込んでいく作業を行っています。とても勉強になるし、オンラインショッピングで実際、お客様方が使用するサイトを構築するのは楽しいので、刺激的です。他はCGIを使って掲示板の作成など、オンラインショッピングを楽しんだお客様方の交流を充実させるために色々と工夫するようにしました。大学では情報処理学科で、プログラミングの勉強なども行っていましたし、実際、IT業界のアルバイトをするようになり、様々な角度からプログラミングを行うことは重要だと実感することができたので、かなり勉強になりました。現場で働いている社員の方々の意見なども聞き入れ、作り込み作業は厳しいですが楽しく勉強することができました。