IT系のアルバイトを採用するには

IT系企業の中には、多くの若いエンジニアやデザイナーが活躍されています。
中には、情報系の専門学科を専攻している学生のアルバイトの人も頑張っている人が少なくありません。
このような光景を見ていると、将来への期待感も自然と高まってきます。
しかし、採用者の目から見て、採用したくないアルバイト社員もいます。
いくら技術的なスキルが高い人でも、どうしても採用を見送ってしまうタイプの人間がいるのです。
それは、全くチームプレイができないタイプです。
下手にスキルを持っているために、唯我独尊的な性格で、上からの指示もまともに受け止めず批判を繰り返すばかり。
確かに1人でできる仕事の完成度は高いのですが、チームで進めるプロジェクト的な仕事の場合、周りのスタッフを困らせるばかりで、発展的な進展が期待できないのです。
このようなタイプの人間は、信頼を絶対とするビジネスの世界でも通用しないと思いますが、いくら人材不足のIT業界でも不必要な人です。

ネットショップでのアルバイト体験

小規模なネットショップでのアルバイトをしていました。小さな事務所で1人の男性が運営しており、アルバイトは私を含めて2人で、もう一人のバイトに紹介されたのです。

仕事の内容は注文が来たら在庫を確認し、用意します。そして客の個人情報を確認し、発送を行う仕事です。小さなショップながら一日50件程度の注文が入り、そこそこ忙しかったのを覚えています。もちろん注文が入った際の入力作業もあり、それをミスするとスタッフに厳しい指摘がされました。なんでもそのお客の注文した商品に対して他のお勧め商品のダイレクトメールを送るそうで、営業も兼ねているようでした。

慣れてくると応対メールの作成作業も任されました。文面は難しいものでありませんでしたが、とにかく数が多いので疲れました。客へのサービスか、コピペを使う事を禁止されていたのが印象的でしたね。商品は洋服が多かったです。

時給は800円でしたが、地方でしたのでまあまあでしたね。

IT系のアルバイトのメリットとは?

IT系のアルバイトを考えているという方も多いのではないでしょうか。IT系のアルバイトには、たくさんのメリットがあるといえます。まず、IT系のアルバイトをする場合、IT系の分野へと就職を考えているという場合には、経験を積むことが出来て、かなり有利になることが大きなメリットです。IT系の分野への就職ですが、学歴などはほぼ関係がありませんし、能力や経験が重視されることが多いです。アルバイトで経験を積めば、IT系の分野に就職をする際のアピール材料になりますし、何よりも自分が実力を付けることが出来たり、経験を積むことが出来るのです。一般的なアルバイトとは違い、社員並みの仕事を任される場合も多いですので、経験を積み、色んなことを学ぶことが出来ます。

さらに、IT系のアルバイトは、企業にもよりますが、時給などが高く設定されていることも多いです。派遣でも時給は千円以上という企業も多く、実力や能力次第で給与が高くなる場合も多いです。

デバック業務のアルバイト

とある会社で募集していたデバック業務に夜勤で入りました。
ただひたすら、同じ機械の操作をいろいろ試していくという業務。
まず、会社に着くと、セキュリティーが厳重で、インターホンを鳴らして指定された名前を入り口で伝えました。(自分の名前ではない名前です)
そして中に入り、いざ作業場へと入る前に持ち物検査のあと、すべての持ち物をロッカーに入れて入室します。
商品や室内の撮影をしないよう、携帯電話の持ち込みは特に厳禁でした。
世に出る前の機会のプログラムに不具合がないかをチェックする業務なので、
依頼しているクライアントの機密情報を取り扱うので当然のことでした。
はじめのうちは、こんな仕事もあるんだと感動したものです。
しかし、操作のマニュアルを見ながら一通り終えた後は、通常ではやらないような無茶な操作をしたときにどうなるかを確認するため、遊んでいる(?)かの感覚でさまざまな操作を試していかないといけませんが、同じ機械を何時間も触り続けるのでかなり根気がいる作業でした。
不具合が見つからないと、ただ同じようなことの繰り返しをしているだけでなかなか大変でした。