急遽コーダーのバイトに入った

IT業界でアルバイトしていたことがあります。なんでも、数名いたエンジニアだかプログラマーだかコーダーだかが逃げてしまった(出社しなくなってしまった)ということで、それで急遽、知り合いの知り合いの知り合いの「多少、ITのことがわかる人」こと私が呼ばれることとなったのです。

しかし私も専門的にインターネット関連の仕事をやっていたわけではありませんから、IT関連の会社に急遽アルバイトに入りましたが、主に雑用を行なっていましたね。html言語は多少ならばわかりますし、ホームページの組み立てはできますので、主にコーダーの仕事をしていました。

webデザイナーがデザインした画像をhtml形式で表示できるように、切り貼りして組み立てていく作業を担当していたのです。3人ほど急にいなくなってしまった社内ではそれでも助かったようで、今でも感謝されています。

ただチーフのような存在の人はものすごく大変そうでしたけれどね。ですからIT関連の会社はバイトで入るぐらいでいいと思ってしまいました。私も社員となりますと、「お客様」ではなくなりますので、扱いも変わってくるのだと思いましたので。